金利や手間の負担を軽くするおまとめローンのご紹介

不動産担保も選べるおまとめローンとは

20150714141107おまとめローンというのは、複数の借金を一本にまとめる目的で高額の融資を長期的に受けることができるローンです。総量規制の対象外となっていますので、消費者金融でおまとめローンを利用した場合であっても年収に関係なく融資を受けることができますが、使い道は当然、借金の返済のみに限定されています。

おまとめローンを利用することで、高金利のキャッシングを低金利のローン返済に変更することが出来ますので、利率の差がある借り換えになるほど利息を大幅に減額できます。但し、おまとめローンは申し込み時に手数料や保証料が必要ですので、これらの費用も考えて利益があると判断したときに利用すると良いでしょう。

おまとめローンは、基本的に担保不要で申し込むことが出来ます。しかし、高額の融資ですので審査は厳しくなっており、中には不動産担保を入れることで融資を受けやすくしたり、金利を低くする人も多いです。不動産担保の借り入れが選べるところというのは数が限られてきますが、担保を出しているので通常の金利よりも利率は低くなります。支払いが止まれば不動産は失いますが、約定どおりの返済が出来ている間はこれまでどおり使用することが可能です。

おまとめローンの目的と審査について

20150714140715おまとめローンというのは、その名の通り複数の業者から借り入れをしている債務者が、借金を一本化するために借り入れるローンのことです。そのため、利用目的は借金の返済に限られており、融資を受けた後ですぐに完済して証明書を提出したり、おまとめローンを扱っている銀行で融資がおりるのと同時に振り込み依頼書を提出するようになっています。

これ以外の目的ではおまとめローンを利用することができまえんが、総量規制の対象外となっていますので、年収の規制なく高額の融資を受けることができ、これまで高利でいくつもの会社に返済をしてきた人も、今後は低金利で一社のみの返済をすればよいということになります。

おまとめローンの審査は、不動産担保を提供するかしないかによっても異なってきます。基本的には、無担保での融資が可能になっていますが、そうなると本人の支払い能力が重要になってきます。そのため、短期雇用の人など審査に通りにくい人は、不動産を提供することで融資を受けやすくなりますし、金利も低く設定してもらえます。もちろん、支払い能力や信用性がある人でも、不動産担保を提供することでより低金利での借り入れができるようになりますので、相談してみましょう。

おまとめローンの賢い選び方とは

20150714134050借金の返済で困っている方、特に複数の借金の利息で悩んでいる方にとって、救いの手となりうるものといえば、おまとめローンです。
おまとめローンは、金利の高い複数の借金をひとつにまとめるローンのことです。ひとつにまとめることによって、スケールメリットが発生します。同じ金額を借りていたとしても、借り入れ件数によって適用される金利が異なるのです。一度に多くの金額を借りたほうが、適用される金利は低くなり、おまとめローンはそれを上手に利用したものなのです。そんな特質を考えれば、おまとめローンでまず重視すべきは金利だというのは言うまでもありません。

金利に注目!

選び方としては、金利の低いものを選ぶのが賢い選び方です。とはいえ、やたらに低い金利でいいというわけではありません。上限、下限の金利だけを見ていては判断を誤ることもあるからです。具体的には、おまとめしたときの金額に対して適用される金利を見るのです。例えば、おまとめしたときに400万円の借金となるときには、400万円のときに適用される金利を見なければなりません。その金利が、おまとめする前の金利よりも低くなければ、おまとめする意味がありません。

金利が低いのは、銀行系のおまとめローンです。
消費者金融系のおまとめローンは、あまり金利が低くないこともあります。

おまとめローンの最大融資額とは

現代の借金問題の多くは多重債務から始まっています。最初は少額の借金だったはずが、段々と返済計画が崩れてきて、借金を借金によって返済していくことの繰り返しになってしまった結果、多重債務者になってしまうという流れです。

また、その流れの延長線上にはヤミ金を利用してしまうという最悪の結果につながってしまいます。そのような場合の救済策として考えられるのが、おまとめローンです。おまとめローンの特徴としては、多重債務などに苦しんでいる方々のために、多重債務の全ての返済に必要な額の融資を先に行い、その金額を使って各金融機関に対しての返済を終了させます。その後は、おまとめローンの返済先に対して返済プランに従って返済を継続させていけば良いことになります。

おまとめローンの利点としては、債務の返済先が1本に統一されることによって、返済プランを立てやすくなり、また利息などが異常にかかってしまうリスクを下げることが出来ます。多くの金融機関から融資を受けている場合には、それぞれの金額に利子がついてしまうので、最終的な返済額が増額してしまいます。また、おまとめローンの融資額に関しては、特に制限がありません。多重債務を解消できるだけの融資額が提示されますが、それによって借金がなくなる訳ではないので、結局はその負債者の返済プランの立て方によることになります。

おまとめローン誕生の背景と歴史は?

20150617144949おまとめローンの歴史は比較的浅く、誕生は2000年あたりです。実際はその前から「計画的な返済のために借り換えをする」と同様の使い道が可能な商品が見られましたが、一部の貸金業者が扱っていましたので、金利の面でそこまで利用者にとって有益ではありませんでした。現在のように銀行が大手貸金業者が積極的に参入し、金利の面でも有益性が見られるようになったのが、2000年あたりからです。

1990年代のバブル期には、多くの金融業者が債務超過傾向にありました。バブルの崩壊と給与の低下や解雇などが相次ぎ、債務者側の生活も苦しくなってゆきました。それとともに現在抱えている債務の返済も難しくなっていったのです。返済のために消費者金融などから小口の融資を受けて急場をしのぐということも多々見られました。このような状況が多重債務者を生んだのです。おまとめローンという形で救済方法を提案したのが、銀行でした。とはいえ個人向け融資に対してそこまでは積極的でなかった当時のおまとめローンは、審査も厳しいものでした。

また債務者側も返済が滞り始めてから検討し、利用できない状況にある人が多かったのも事実です。現在のおまとめローンは総量規制の施行に伴い、銀行も積極的に乗り出しましたので、市場に認知されるに至りました。また大手貸金業者も利用者に有利な条件を掲げたおまとめローン商品を持っています。本格的なおまとめローンの歴史は、総量規制の施行前後から始まったと考えられます。

おまとめローンであれば無職の人も申し込みができる

20150617144641無職で一定の収入がないという場合でも、おまとめローンを組むことができます。収入が1円もないのになぜおまとめローンを組むことができるのかというと、無職と言っても主婦や主夫であれば配偶者のしっかりとした収入があればお金を貸す側も安心して貸すことができるからです。

また、無職と言っても全く働いて収入を得ていないというわけではなく、マンションやアパートなどの入居者から支払われる家賃などのいわゆる不動産収入という形で一定した収入がある場合は申し込みをする時に きちんと記載することが大切です。

これらの条件に当てはまらない場合は派遣社員登録を行うといいかもしれません。社会的な信用性もあるので、おまとめローンを申し込んでからの結果も安心して待つことができます。おまとめローンにすることで、金利設定が基本的に低くなるということが知られているので、できれば借りたお金を返済する時のことを考えて少しでも金額が少なくなるようにしたいと思っている人も多いです。

また、おまとめローンは無担保で且つ保証人なしでできるので安心して利用することができます。お金を返済する時のことを一番に考えながらどこに借りるかを決めることも大切なことであると言えます。

おまとめローンの利用価値と利率

20141019154835おまとめローンとは、多重債務者向けのローンです。
多重債務とは、銀行や消費者金融等の複数の借入先からそれぞれお金を借り入れており、それぞれの完済が困難になっている状態を言います。

どんな人も最初から一度にいろいろなローンを利用するわけではありません。普通は、1社から借り入れを始めるのですが、例えば失職等により月々の収入が激減した、あるいは、月々の支出が増えてしまったなどの理由により、毎月の返済が滞りがちになったとします。

金利が安くなる場合も おまとめローンの返済方式は?

旅行の資金や自動車などの高額商品購入、または高額なサービスを受ける際に、金融業者のローンを利用している人も多いはずです。お金が必要な時にたいへん便利で助かるローンではありますが、複数の金融業者からお金を借りた場合、毎月の支払いをしっかり管理しておかなければならなくなります。

そんな面倒を回避する方法として、「おまとめローン」を利用してみるのもよいでしょう。おまとめローンとは、他社で契約している複数のローンを、ひとつの金融業者に一括して返済するというものです。

それぞれの金融業者へ返済する時にかかる金利を安く抑えられたり、金融業者ごとに返済日がバラバラであるがために管理が大変だったものを、おまとめローンの返済日だけを覚えておけばよいといった、管理面での負担の少なさも魅力的な商品です。

おまとめローンの仕組みを理解して賢い返済を!

20141019154004おまとめローンとは、複数のキャッシングやローンを一つにまとめるローンのことを指し、別名一本化ローンと呼ぶこともあります。つまり、複数のキャッシングやローンを利用している場合、返済金額や返済期日はバラバラになり、全て自分自身で管理をする必要がありますが、おまとめローンを利用して、複数のキャッシングやローンを一つのローンに借り換えて、バラバラの返済金額や返済期日を一つにまとめる仕組みです。

このようにおまとめローンの仕組み活用すると、返済金額と返済日が固定されてるので管理がしやすい、返済金額と返済日が固定されるので返済する手間や時間が節約できる、通常のキャッシングと違い基本的に返済回数が固定されるので返済計画と返済目標が把握しやすい等のメリットがあります。

おまとめローンの限度額と総量規制の関係は?

20141019153541世の中、不況で個人で借入をする人が急増し、中にはその返済に追われるためにおまとめローンの需要が急増しています。そのような状況をうけ、おまとめローンは、現在多くの銀行が積極的に行なっています。

銀行はそもそも貸金業者ではありませんので、銀行法の対象であり、つまりは総量規制の対象外ということになります。銀行が行っている融資はおまとめローンにかかわらず、総量規制の影響をうけることはないわけです。銀行カードローンの限度額が比較的高く設定されているのはそういった事情も背景にあるといえます。

一方、消費者金融は貸金業者となりますので、総量規制の範囲を超えた貸付を行うことは出来ません。その法律に反すると、貸金業者たる消費者金融自身が行政処分や刑事罰を科されることとなります。そのため、利用者がいくら貸してほしいと言っても、また以前の基準であれば問題なく貸せていた人であっても、年収制限に引っ掛かると貸付はしてくれません。総量規制があるためです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ