金利や手間の負担を軽くするおまとめローンのご紹介

おまとめローン債務整理する際の注意点

20150714154043社会人になったら、急な出費が必要になってくる場面も出てくるかもしれません。そのような時には、借金を気軽にできるようなシステムが整っているのですが、無計画に借金をしているとやがて返済が不能になってしまい、その結果として、借金を借金で返済していく生活になってしまいます。

これが多重債務の元凶です。

このような無計画な融資を繰り返していると、後々取り返しのつかない事態に巻き込まれていきます。そして、そのような多重債務に陥った方を救済する手段としては債務整理やおまとめローンがあります。

債務整理とは、一旦全ての負債を整理した上で、利息などを見直してもらえるように弁護士の方々と交渉して、少しでも債務者に有利に働くように活動していくことです。ここでの注意点としては、債務が帳消しになる訳ではないということです。整理したあとは、その後の返済プランに従って返済を継続していく必要があります。

おまとめローンでは、多重債務者に対して、その全てを返済できるだけの金額を一旦融資しておくことで、負債をおまとめローンの1本に統一することができるというシステムです。これによって、高めに設定されている利息が低くなり、返済先も整理されて一本化されます。しかし、おまとめローンの問題点としては、多重債務を繰り返す過程で発生した利息分が過剰であっても、それを過払い金として処理するわけではないということです。この場合、過払い金としての処理はまた別に行う必要があります。

審査が通りにくい個人事業主のおまとめローン

20150714151623個人事業主は一般的には銀行などの融資を受けることが難しいとされていますが、金融機関によっては審査を通ることができるので、複数の金融機関からの融資の返済が負担となっている場合には迷わずおまとめローンを利用する必要があります。

最近では個人事業主を対象としているおまとめローンが新しく始められたので、返済の負担を軽減させるためにローンをまとめることができます。おまとめローンのメリットは返済日を1つにすることができるので、時間を有効に使えることや、小額のローンをまとめてある程度の金額にまとめることで利率を低く抑えられることなどがありますが、この他にも返済専用のローン商品なので、基本的には追加融資などが認められないことから、融資残高を確実に減らすことができることなどもあります。

おまとめローンの場合には返済が長期間に及ぶことが指摘されていますが、返済額を減らしたことによって、返済期間が長くなるので、負担を軽減することには変わりないので、個人事業主であっても、複数の金融機関からキャッシングしている場合にはおまとめローンを利用するほうがメリットが大きいと考えられます。注意点としては事業性資金としては使用できないということで、用途の記述を慎重に行う必要があります。

おまとめローンの借金に過払い金が含まれていたら

20150714145330おまとめローンというのは、金利の高い複数の借金を一本化して、支払い総額を減らそうというものです。一方で、過払いというのは、貸金業者に支払いすぎた利息のことです。
一見するとこれらの2つは関係なさそうですが、そんなことはありません。
おまとめローンを利用したとき、その中に過払い金が発生している借金がある可能性があるからです。

では、そういった場合にはどうすればいいのでしょうか。

まずその場合には、過払いの方から片付けるべきです。こういったときには、弁護士に頼むのが一番です。弁護士に頼んで、支払いすぎた利息の返還請求をしてもらいます。その筋で有名な弁護士であれば、弁護士の名前を出しただけであっさりとお金を返還してくれます。支払いすぎた利息だけでなく、元金そのものまでなくなってしまう可能性もあります

次に、そのお金を使っておまとめローンの返済に入ります。
おまとめローンは、基本的に毎月返済をしていくものですが、お金に余裕があればいつでも随時返済をすることができます。
これを利用するのです。

おまとめローンの随時返済、もしお金に余裕があれば一括返済をしても構いません。
いずれにせよ、普通に借金をしているよりは少ない利息なのですから、比較的返済は容易です。

人気のおまとめローンについて

複数の金融機関から借入を行っていると返済が困難となってしまうことも多くあります。
最近はカードローンやキャッシングを簡単に契約できるようになっているため、複数の金融機関にて利用することもとても多くなってきています。
ですがこのような状況となると、返済額だけでなくその回数も多くなるため、しっかりと返済を行っていくのが大変です。

このような際にはおまとめローンがおすすめです。

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめることができるため、返済を楽にすることができます。多くの金融機関でこのようなサービスを行っており、とても便利に活用していくことができます。

特に人気となっているのが銀行でのおまとめローンで、金利も安く返済も簡単になるため多くの方が申し込みを行うようになっています。

カードローンやキャッシングはとても高い金利で利用することが多くありますが、銀行でのおまとめローンは安い金利で利用できるようになるため、返済がとても楽になります。
また銀行以外でも高額融資として扱われるようになるため、低金利で利用できるサービスとなるためこのようなローンを相談する方は多くなっています。
人気の金融サービスとなっているのでとてもおすすめです。

おまとめローンをするならまず相談

20150714143536数社からの借り入れ、できれば一本にまとめたいものです。そうするだけで、返済日も月に1回になりますし、精神的負担もかなり軽減されます。

おまとめローンをするのであれば、金利が低く、メリットがあるところを選びたいものです。おまとめローンをするのならば、最初は相談からはじめてみましょう。インターネットができる環境があれば、まずはネットで検索してみるのもいいです。ネット上には色々な情報があふれています。おまとめローンの比較表なども検索すればでてくるでしょう。そして2~3社程度、おまとめローンをしてみようとおもう金融機関を選びだします。もちろんそこから直接申し込みをしてもいいのですが、審査が通るか心配な場合もあります。ですからそういう場合は、相談窓口を活用しましょう。

大抵のおまとめローンには、相談窓口があります。電話でもメールでも、直接店舗へ行っても構いません。心配な点や分からない点をいくつか質問してみましょう。そして一番自分にあったおまとめローンを見つけて、申し込みをするといいです。また万が一審査が難しい場合でも、おすすめな方法などを教えてもらえるかもしれません。

おまとめローンのキャンペーンを利用する

20150714142627金融機関でお金を借り入れる方法には、いくつかの種類があります。近年、よく利用されるようになっているのが、おまとめローンというものです。おまとめローンは、さまざまな金融機関で取り扱っているものですが、通常の借り入れをする場合よりも、借り入れ総額が大きくなるケースが多いため、簡単には利用することができません。おまとめローンの際に行われる審査は厳しいものなのです。安易な申し込みは避けなければなりません。

特に、銀行での利用を検討している場合は、金利が低めになっていることが多く、審査が非常に厳しいです。収入・仕事が安定していない人は、銀行での審査に通過することができないケースが目立ちます。

おまとめローンは、さまざまな金融機関でキャンペーンが行われていることがあります。有利に利用するためには、キャンペーンを上手に活用することが大切です。どのようなキャンペーンが行われているのか、内容をしっかりと確認しておくことが大切です。正式な申し込みをする前に、申し込みをしようと考えている金融機関の担当者と、きちんと話し合いをしなければなりません。

おまとめローンは、上手に利用することができれば、安心して利用することができます。

おまとめローンの特徴とメリット

20150714141725複数の金融業者から借り入れがある場合は、おまとめローンを利用すると返済負担が減る場合があります。

おまとめローンの特徴は、借り入れを一本化することにあります。ただし、一本化しても金利の高い業者に申し込んでしまっては意味がありません。かえって返済することが苦しくなります。とにかく現在の借り入れている業者よりも低金利でなければいけません。

また、返済期間が長くなれば、それだけ金利負担が増えてしまいます。したがって、おまとめローンを利用するにあたっては、しっかりとした返済シュミレーションが必要です。各業者のサイトでシュミレーションが行えますので、それから利用を検討すると良いでしょう。難しい計算を自力で行う必要はありません。簡単に自動で行えます。

また、他にも特徴、メリットがあります。それは管理がしやすくなることです。複数の業者で支払日が異なると、管理が大変面倒になります。一本化すれば、通帳残高のチェックも1回で済みますから、とても楽です。そして精神的にも楽になります。複数業者を利用しているというのは、気分的にも良くないことです。こうした特徴をよく理解し、返済負担が軽くなることが分かれば利用すべきでしょう。

おまとめローンでは追加融資はできない

20150714155957最近では、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなど、手軽に便利にお金を借りる手段が増えています。しかし、便利かつ気軽にお金を借りられる手段が増えているということは、それだけ心配なこともあります。

それは、借りすぎです。

もちろん、前提としては借りないことが一番なのですが、そうもいきません。
特に気をつけたいのが、消費者金融のキャッシングで少額のお金を何回も借りる場合です。
消費者金融のキャッシングは、借りるお金が少なければ少ないほど、適用される金利が高くなる傾向にあります。
100000円程度の借入でしたら、年率で18パーセントというところが多いです。
18パーセントということは、1年間で18000円の利息ということになります。これが複数の借入となりますと、利息だけでかなりの金額となってしまいます。

そんな時是非利用したいのが、おまとめローンです。
おまとめローンがあれば、複数の借金を一本化して利息の金額を減らすことができるのです。

しかし注意点があります。
おまとめローンは追加融資ができないということです。あくまで、一本化した借金が、おまとめローンの限度額ともいえます。その後再び少額の借金をしたからといって、おまとめローンに追加融資してもらうことはできません。この点が不安な場合はおまとめローンではなく、おまとめ可能なカードローンを利用した方が良いでしょう。住信SBIネット銀行のMr.カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックなど、金利が低くおまとめ向きのカードローンに借り換えすれば金利や返済先の一本化など、おまとめローンと同等のメリットを受けることが可能です。

おまとめローンと債務整理の違いは何か

借金の返済が困難になったとき、様々な解決方法があります。たとえば自己破産に代表されるような債務整理をするという方法などです。しかし、やたらに債務整理をしていくのはあまりおすすめできません。

借金で困ったときには、まずはおまとめローンを検討すべきです。
では、債務整理とおまとめローンでは、具体的に何が異なるのでしょうか。

もっとも大きな違いは、ブラックリストに掲載をされるかされないかです。
ブラックリストというのは、金融事故を起こした際に信用情報機関にその情報が登録されることを言います。金融事故の具体例としては、3ヶ月以上の延滞自己破産/債務整理などがあげられます。

ブラックリストに登録されますと、住宅ローンやマイカーローンを組むことができなくなるばかりか、クレジットカードの新規発行もできません。

一方で、おまとめローンの場合には、それを実行したとしてもブラックリストに登録されることはありません。
借金を一本化するローンをおまとめローンというのですが、借金の一本化は当然金融事故には含まれないわけです。ある借金を完済して、利息を減らした別の借金に借り換えるだけなのですから。

よって、おまとめローンをまずは検討すべきなのです。

おまとめローンを希望した理由

20150714152327最近やたらと耳にするおまとめローンという言葉が密かに気になっていた私です。
なぜなら消費者金融3社から借入れを継続しており、今後一社にまとめた方がいいのでは考えていたところだったからです。

3社とも返済日も利率も違うため戸惑うこともしばしばです。
できれば借金の一本化をはかり、自分自身できちんと管理ができるようにもなりたい。
そんな思いから今回おまとめローンのメリットについて考えてみました。

まずは借り換えで金利が下がれば、総額の返済額が減少するかもしれないという点ですね。
そして返済期間を延ばせることにより月々の負担額が減らせることや、返済期日が一つになると管理が簡単になることも利点です。
そうなると無理なく返済することに繋がり、結果債務整理をしなくてすむように導いてくれそうな気がしました。

もちろんデメリットも視野にいれておかないといけません。
それは返済期間が延びることにより総支払額が増える恐れがあるということです。
ですが、金利が低くなり月々の返済額が減らせることが今の私の最大のメリットであり無理のない返済計画だと思うのです。
そんな願いが今回おまとめローンを申し込むきっかけとなりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ