年金受給者はおまとめローンを利用できるのか

20150714160130複数の借入金がある場合、ひとつひとつの借入金に対して利息が掛かってくるため、多重債務の状態にある人にとって借入金の返済だけではなく、それに対する利息の支払いが大きくのしかかってくることになります。

多重債務の状態から抜け出すための方策としては、まず第一に複数の借入金をひとつにまとめることが理想的な手段となってきます。複数の借入金がある場合、どうしても返済日を忘れてしまい、そのことが原因となって滞納をしてしまう危険性が高くなってしまうからです。また、複数の借入金をひとつにまとめることで、それまでには個々に支払っていた利息分の負担が軽減されることになります。

複数の借入金をひとつにまとめる手段としては、おまとめローンの利用があります。おまとめローンとは複数の借入金を返済できるだけの額を新たに借り入れて、借金を一本化するためのローンです。おまとめローンで複数の借入金を返済してしまえば、あとはおまとめローンの返済だけを集中して行っていくだけでいいので返済日の管理も簡単になりますし、利息分の支払いも軽減されることになります。

しかしながら、おまとめローンはあくまでも新しく借金をするということに変わりはないため、通常のローンのように事前に審査が行われます。その際に重要視されるのが安定した収入があるという点ですが、年金受給者の場合、借入先がどのように判断するかによって審査の結果に違いが生じます。

年金受給者は年金という収入がありますが、これを安定した収入とみなすか、それとも安定した収入とはみなさないかで審査の結果に影響があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ