多重債務や毎月の返済に苦しむ人

消費者金融や銀行系カードローンの毎月の返済に苦しむ人は、総量規制の導入やグレーゾーン金利撤廃以降も減ることはありません。そして多重債務になった時の悩みの種は、その高額負担になりやすい金利です。残額に対してかかってくるので負担になる期間も長期に及びます。

高額負担になる前提として多額の借金があるわけですが、例えば金利50万円を5件、計250万円を年利18%で借入した場合にかかる金利総額は1件につき月々7500円の金利になるため、単純計算で毎月37500円の金利を支払っていかなくてはなりません。つまり、多重債務の最も大きな負担がこの金利にあるのです。

たとえば毎月37500円支払っていたとしても、年間で換算すると45万円もの金利負担となります。その金利を負担する為にカードをまたもう一枚作り、利息を借金で支払うといった多重債務の泥沼化を招くような非常に非効率な返済を強いられる事があります。多重債務の構造的な問題だといえるでしょう。

こうならない為にも、できるだけ借金は1本にまとめてしまいたいもので、250万円の借金を1本にまとめた時に支払う金利の負担額は相当軽減されるでしょう。

おまとめローンには様々な金利軽減の提案があります。
たとえば250万円の債務をおまとめローンで返済する場合、年利9%を毎月5万円返済でシミュレートすると、最初の月だけ18000円程度の金利負担となりますが、返済回数は63回で、最後の金利負担額は330円程度まで圧縮されます。このようにおまとめローンは複数の借金を一本化することで、月々の返済額を大幅に軽減させ、計画的な返済が可能という画期的なローン商品なのです。そのため、貸金業法においても、おまとめローンは利用者にとって利益にしかならないということで消費者金融などの貸金業者でも取扱いを認めています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ