これから住宅ローンを組む人

もしあなたがこれから住宅ローンを組もうした時、カードローンが複数口あることが審査によって判明したら、その住宅ローンは組むことができません。申請時に隠していても個人信用情報機関によってどこからいくら借りているのかといった情報は簡単に確認できますから核使用がありません。

ではなぜカードローンがあると、住宅ローンを組むことが出来ないのか?

それは住宅ローン返済を長い目で見ていくと、カードローンを組んでいるという事は、手元にある資金で家計をやりくり出来ていないというように見られる上、住宅ローンに比べ大変高金利のカードローンがある事で、その返済に追われ、結果的に住宅ローンが焦げ付くリスクがあると判断されるからです。

そのため住宅ローンを組む時の審査で、消費者ローンの存在が判明するとまず、殆どのケースで住宅ローンは組めないのです。そこで住宅ローンを組むために手っ取り早く返済する方法として、おまとめローンがあります。

おまとめローンには複数の借金を一本化することで、金利負担を軽減し、毎月決まった額を返済することで、計画的に完済することができます。

また、住宅ローンを融資する銀行のおまとめローンであれば、完済した時に完済実績といってその銀行に対して信用が付きます。おまとめローンの完済後に住宅ローンを組むことで、計画的な返済が可能な人物という加点効果を生みます。

このように住宅ローンを組むために、おまとめローンで返済を考えている人は、その金融機関が取り扱っているおまとめローンを利用するのが、後先の事を考えるのであれば効果的です。また金融機関もカードローンホルダー者向けのおまとめローンもちゃんと用意してくれていますのでご安心ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ