おまとめローン金利は低くない

20160619074200おまとめローンは証貸タイプのローン商品である為、よく車のローンや住宅ローンのような金利と比較されますが、おまとめローンは目的ローンではありますが、そこまで金利は低くありません。

確かに既存のカードローンに比べれば、金利は低いですがそれは貸金業者間の金利競争が激化している為であって、元々はそんなに金利が低いローン商品ではありませんでした。

しかし多くのローン会社が現行のローン金利の基準である18%以下の貸し出し金利でローンを組んでいますので、概ね低めにはなっていますが住宅ローンやマイカーローンのような4%とか2%などという金利ではありません。

ただ既存のカードローンよりはかなり低い水準にはあり、大手都銀系のおまとめローンの金利で高いものでも14%から15%、または低いものだとネット銀行系のおまとめローンで9.8%で貸し出しています。15%と9.8%というと、どうしても開きがあるように感じてしまいますが、これはあくまで最高金利の額というだけで条件さえ良ければ、もう少し金利の額も低くなっていくでしょう。

ただ最近はおまとめローンという呼称ではない、信販系クレジットのカードローンでもこれくらいの金利で、数百万円単位で貸し出ししている金融業者も散見されますので、今後は金利競争がより激化していく事が予想されますが、それは申し込む側の債務者としては歓迎すべき事でしょう。ただおまとめローンが現在のマイカーローンや、住宅ローンのような超低金利になるまでにはまだまだ時間が掛かりそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ