おまとめローンの活用とリボ払いのリスク

20150714160558おまとめローンは、複数の金融機関から借りたお金を一本化する目的で用いられるローン商品で、乗り換えに特化したシステムが特徴的です。

クレジットカードやカードローンなど複数の企業から借り入れを行っている状況では、リボ払いによる返済の金額や引き落としのタイミング・設定期限といった要素がバラバラである為、管理が困難となりやすく延滞などの事故を起こしてしまうリスクが高まります。

また、個別に返済手続きを必要とする分だけ余分な手数料を取られる状況も考えられ、おまとめローンで1箇所にまとめてしまう手段が有効な選択肢となってきます。
おまとめローンを用いる事で生じるメリットとしては、管理が楽になり完済までの目標を把握しやすくなる点が挙げられます。

しかし、おまとめローンは通常のキャッシングと同様に審査へ通る必要があり、場合によっては返済総額が増加してしまう可能性も考慮する事が大切となります。
一般的におまとめローンへの乗り換えで利息が安くなる状況は、現在借りている金融機関よりも低い金利設定で一本化する事が前提条件であり、リボ払いのシステムによって返済期間が延びる場合には返済総額が増加するデメリットも存在します。

よって、おまとめローンへの乗り換えは結果的に損得のどちらへ傾くかを計算しつつ行う事が重要と言えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ