おまとめローンと債務整理の違いは何か

借金の返済が困難になったとき、様々な解決方法があります。たとえば自己破産に代表されるような債務整理をするという方法などです。しかし、やたらに債務整理をしていくのはあまりおすすめできません。

借金で困ったときには、まずはおまとめローンを検討すべきです。
では、債務整理とおまとめローンでは、具体的に何が異なるのでしょうか。

もっとも大きな違いは、ブラックリストに掲載をされるかされないかです。
ブラックリストというのは、金融事故を起こした際に信用情報機関にその情報が登録されることを言います。金融事故の具体例としては、3ヶ月以上の延滞自己破産/債務整理などがあげられます。

ブラックリストに登録されますと、住宅ローンやマイカーローンを組むことができなくなるばかりか、クレジットカードの新規発行もできません。

一方で、おまとめローンの場合には、それを実行したとしてもブラックリストに登録されることはありません。
借金を一本化するローンをおまとめローンというのですが、借金の一本化は当然金融事故には含まれないわけです。ある借金を完済して、利息を減らした別の借金に借り換えるだけなのですから。

よって、おまとめローンをまずは検討すべきなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ