金利や手間の負担を軽くするおまとめローンのご紹介

複数の借入があるならおまとめローンの利用を

okanesatuもし、いくつかの金融機関から借入をしているのであれば、おまとめローンへ借り換えすることを検討しましょう。おまとめローンの利用で一つにまとめることができれば、以下のようなメリットが生まれてきます。

おまとめローンのメリット
・金利が安くなる可能性がある
例えば、複数の金融機関から借入をしている場合と、それらを全て一本化して一つのところから借りる場合とでは、金融機関側にとっての融資額が全然違ってきます。
例)
A社 30万
B者 20万
C社 50万

という場合では、A社もB社もC社も金額的には100万以下です。しかし、これらをD社で一本化すると、D社からは100万円という金額を借り入れることになります。

言うまでもなく、金利というのは借入する額でほぼ決まります。30万などの小口より、100万という金額の方が融資額は大きくなるのです。
そのため、複数から借り入れている場合、しかも総額が100万円を超えるような場合には一社にまとめるのが非常に大切なこととなってきます。

通常のカードローンに借り換えることでおまとめ利用もできる

おまとめローンには専用のローンもあります。 たとえばイオン銀行のおまとめローンなどです。 しかし、おまとめローンは返済専用のローンでもあり、カードローンのようにもしものときに再び借り入れをするということができません。 そこで、カードローンの借り換えをする人が多くいます。銀行のカードローンの中には利率が2%を切るような超低金利なものもあり、そちらを利用する方が金利面でのメリットが出て来るケースがあるためです。

最新情報

2016年6月20日
  • おまとめローンについて
  • 返済に関すること
おまとめローン金利は低くない
おまとめローンは証貸タイプのローン商品である為、よく車のローンや住宅ローンのような金利と比較されますが、おまとめローンは目的ローンではありますが、そこまで金利は低くありません。 確かに既存のカードローンに比べれば、金利は・・・
2016年6月19日
  • おまとめローンについて
おまとめローンはカードがない
おまとめローンを組んだらまたカードが増えてしまいまたカード地獄になってしまうとか、おまとめローンで借換えしてもカードがある事でまた繰り返し使ってしまうという事を心配されている方が居たとしたら、それは大きな間違えです。純粋・・・
2015年10月9日
  • おまとめローンの契約
これから住宅ローンを組む人
もしあなたがこれから住宅ローンを組もうした時、カードローンが複数口あることが審査によって判明したら、その住宅ローンは組むことができません。申請時に隠していても個人信用情報機関によってどこからいくら借りているのかといった情・・・
2015年10月8日
  • 返済に関すること
多重債務や毎月の返済に苦しむ人
消費者金融や銀行系カードローンの毎月の返済に苦しむ人は、総量規制の導入やグレーゾーン金利撤廃以降も減ることはありません。そして多重債務になった時の悩みの種は、その高額負担になりやすい金利です。残額に対してかかってくるので・・・
2015年8月29日
  • おまとめローンについて
おまとめローン債務整理する際の注意点
社会人になったら、急な出費が必要になってくる場面も出てくるかもしれません。そのような時には、借金を気軽にできるようなシステムが整っているのですが、無計画に借金をしているとやがて返済が不能になってしまい、その結果として、借・・・

おまとめローン金利は低くない

20160619074200おまとめローンは証貸タイプのローン商品である為、よく車のローンや住宅ローンのような金利と比較されますが、おまとめローンは目的ローンではありますが、そこまで金利は低くありません。

確かに既存のカードローンに比べれば、金利は低いですがそれは貸金業者間の金利競争が激化している為であって、元々はそんなに金利が低いローン商品ではありませんでした。

しかし多くのローン会社が現行のローン金利の基準である18%以下の貸し出し金利でローンを組んでいますので、概ね低めにはなっていますが住宅ローンやマイカーローンのような4%とか2%などという金利ではありません。

ただ既存のカードローンよりはかなり低い水準にはあり、大手都銀系のおまとめローンの金利で高いものでも14%から15%、または低いものだとネット銀行系のおまとめローンで9.8%で貸し出しています。15%と9.8%というと、どうしても開きがあるように感じてしまいますが、これはあくまで最高金利の額というだけで条件さえ良ければ、もう少し金利の額も低くなっていくでしょう。

ただ最近はおまとめローンという呼称ではない、信販系クレジットのカードローンでもこれくらいの金利で、数百万円単位で貸し出ししている金融業者も散見されますので、今後は金利競争がより激化していく事が予想されますが、それは申し込む側の債務者としては歓迎すべき事でしょう。ただおまとめローンが現在のマイカーローンや、住宅ローンのような超低金利になるまでにはまだまだ時間が掛かりそうです。

おまとめローンはカードがない

20160619073709おまとめローンを組んだらまたカードが増えてしまいまたカード地獄になってしまうとか、おまとめローンで借換えしてもカードがある事でまた繰り返し使ってしまうという事を心配されている方が居たとしたら、それは大きな間違えです。純粋なおまとめローンにはカードは発行されません。

おまとめローンを申し込んで融資が実行される場合は、おまとめローンを組んだ金融機関から直接、ローン会社へ返済されるのです。従って申込者の手を一切介さずに、資金のやり取りが行われます。そのためカードを使いすぎるといった事は起こり得ませんのでご安心ください。

ではおまとめローンはどのようにして使うのかというと、このおまとめローンは簡単に言うと、証貸と言って一度融資を実行したら、繰り返し使えないタイプのローン商品になります。例えるなら車のローンのような感じで一度希望額での融資が実行されれば、あとはひたすら毎月決まった額を返済してのみとなります。

つまりこれまでのカードローンのような性質は一切なく、申し込み後は契約した金融機関へ毎月決まった額だけを入金していく必要があるのです。このメリットとしては複数のカードを持っているとどうしても期日に追われがちになってしまいます。しかしおまとめローンであれば、期日を気にすることなく、毎月決まった日にだけ入金すれば良いので心理面でのストレスはかなり軽減されます。ただストレスからは解放されたとしても、返済用の資金を毎月必ず担保していく必要がありますので、生活レベルは落とさざるを得なくなります。

これから住宅ローンを組む人

もしあなたがこれから住宅ローンを組もうした時、カードローンが複数口あることが審査によって判明したら、その住宅ローンは組むことができません。申請時に隠していても個人信用情報機関によってどこからいくら借りているのかといった情報は簡単に確認できますから核使用がありません。

ではなぜカードローンがあると、住宅ローンを組むことが出来ないのか?

それは住宅ローン返済を長い目で見ていくと、カードローンを組んでいるという事は、手元にある資金で家計をやりくり出来ていないというように見られる上、住宅ローンに比べ大変高金利のカードローンがある事で、その返済に追われ、結果的に住宅ローンが焦げ付くリスクがあると判断されるからです。

そのため住宅ローンを組む時の審査で、消費者ローンの存在が判明するとまず、殆どのケースで住宅ローンは組めないのです。そこで住宅ローンを組むために手っ取り早く返済する方法として、おまとめローンがあります。

おまとめローンには複数の借金を一本化することで、金利負担を軽減し、毎月決まった額を返済することで、計画的に完済することができます。

また、住宅ローンを融資する銀行のおまとめローンであれば、完済した時に完済実績といってその銀行に対して信用が付きます。おまとめローンの完済後に住宅ローンを組むことで、計画的な返済が可能な人物という加点効果を生みます。

このように住宅ローンを組むために、おまとめローンで返済を考えている人は、その金融機関が取り扱っているおまとめローンを利用するのが、後先の事を考えるのであれば効果的です。また金融機関もカードローンホルダー者向けのおまとめローンもちゃんと用意してくれていますのでご安心ください。

多重債務や毎月の返済に苦しむ人

消費者金融や銀行系カードローンの毎月の返済に苦しむ人は、総量規制の導入やグレーゾーン金利撤廃以降も減ることはありません。そして多重債務になった時の悩みの種は、その高額負担になりやすい金利です。残額に対してかかってくるので負担になる期間も長期に及びます。

高額負担になる前提として多額の借金があるわけですが、例えば金利50万円を5件、計250万円を年利18%で借入した場合にかかる金利総額は1件につき月々7500円の金利になるため、単純計算で毎月37500円の金利を支払っていかなくてはなりません。つまり、多重債務の最も大きな負担がこの金利にあるのです。

たとえば毎月37500円支払っていたとしても、年間で換算すると45万円もの金利負担となります。その金利を負担する為にカードをまたもう一枚作り、利息を借金で支払うといった多重債務の泥沼化を招くような非常に非効率な返済を強いられる事があります。多重債務の構造的な問題だといえるでしょう。

こうならない為にも、できるだけ借金は1本にまとめてしまいたいもので、250万円の借金を1本にまとめた時に支払う金利の負担額は相当軽減されるでしょう。

おまとめローンには様々な金利軽減の提案があります。
たとえば250万円の債務をおまとめローンで返済する場合、年利9%を毎月5万円返済でシミュレートすると、最初の月だけ18000円程度の金利負担となりますが、返済回数は63回で、最後の金利負担額は330円程度まで圧縮されます。このようにおまとめローンは複数の借金を一本化することで、月々の返済額を大幅に軽減させ、計画的な返済が可能という画期的なローン商品なのです。そのため、貸金業法においても、おまとめローンは利用者にとって利益にしかならないということで消費者金融などの貸金業者でも取扱いを認めています。

おまとめローン債務整理する際の注意点

社会人になったら、急な出費が必要になってくる場面も出てくるかもしれません。そのような時には、借金を気軽にできるようなシステムが整っているのですが、無計画に借金をしているとやがて返済が不能になってしまい、その結果として、借金を借金で返済していく生活になってしまいます。これが多重債務の元凶です。

このような無計画な融資を繰り返していると、後々取り返しのつかない事態に巻き込まれていきます。そして、そのような多重債務に陥った方を救済する手段としては債務整理やおまとめローンがあります。債務整理とは、一旦全ての負債を整理した上で、利息などを見直してもらえるように弁護士の方々と交渉して、少しでも債務者に有利に働くように活動していくことです。ここでの注意点としては、債務が帳消しになる訳ではないということです。

整理したあとは、その後の返済プランに従って返済を継続していく必要があります。おまとめローンでは、多重債務者に対して、その全てを返済できるだけの金額を一旦融資しておくことで、負債をおまとめローンの1本に統一することができるというシステムです。これによって、余計な利息などが付与されなくなり、返済先も整理されます。しかし、おまとめローンの問題点としては、多重債務などによって発生した過剰な利息分を調査した結果、相当な金額が発生していた場合でも、それを申請することが難しくなるということです。

おまとめローンで利息の減額が可能

20150714141725複数の金融業者から借り入れをしていて、毎月の返済が困難になってきたという経験がある人は少なくありません。このようなときに、弁護士や司法書士に依頼して、債務整理の手続きをとるというのももちろん有効ではありますが、ブラックリストに数年間名前が掲載されてしまうことになりますので、新たな借り入れやローンを組むことができなくなります。このような場合には、おまとめローンを利用して借金の総額を減額するという方法もあります。

おまとめローンというのは、その名の通り複数の借金を一本化するために融資を受けることのできるローンです。銀行や大手の消費者金融系などが扱っており、基本的に金利は通常のキャッシングより低めになっていますので、金利の差が大きいほど利息の減額効果があります。

おまとめローンの場合には、総量規制の対象外となっていますので、年収が少ない人でも高額の融資を受けることができ、一本化した後は返済先も一箇所だけになりますので、振込みの手間や費用を省くことが出来ます。申し込み時に保証料や事務手数料を支払わなければなりませんので、利用するときにはどれくらい利息が減らせるのかをシミュレーションしてもらったほうが良いでしょう。

おまとめローンの活用とリボ払いのリスク

20150714160558おまとめローンは、複数の金融機関から借りたお金を一本化する目的で用いられるローン商品で、乗り換えに特化したシステムが特徴的です。

クレジットカードやカードローンなど複数の企業から借り入れを行っている状況では、リボ払いによる返済の金額や引き落としのタイミング・設定期限といった要素がバラバラである為、管理が困難となりやすく延滞などの事故を起こしてしまうリスクが高まります。

また、個別に返済手続きを必要とする分だけ余分な手数料を取られる状況も考えられ、おまとめローンで1箇所にまとめてしまう手段が有効な選択肢となってきます。
おまとめローンを用いる事で生じるメリットとしては、管理が楽になり完済までの目標を把握しやすくなる点が挙げられます。

しかし、おまとめローンは通常のキャッシングと同様に審査へ通る必要があり、場合によっては返済総額が増加してしまう可能性も考慮する事が大切となります。
一般的におまとめローンへの乗り換えで利息が安くなる状況は、現在借りている金融機関よりも低い金利設定で一本化する事が前提条件であり、リボ払いのシステムによって返済期間が延びる場合には返済総額が増加するデメリットも存在します。

よって、おまとめローンへの乗り換えは結果的に損得のどちらへ傾くかを計算しつつ行う事が重要と言えます。

来店不要でできるおまとめローンについて

何社からも少しずつ借り入れをしていると、どこの返済日がいつだったか、混乱してくることがあります。それだけでなく、返済日を忘れてしまう場合がでてきます。そんな方におすすめしたいのがおまとめローンです。

おまとめローンにすれば、全額同じところから借りるので、返済日は月に1回ですから、忘れる心配もありません。多くの金融機関でおまとめローンを行っていますが、できれば少しでも金利が低めなところを選びたいものです。

最近では実店舗を持たないでネットと郵送で契約や融資を行う、ダイレクトマーケティングといったところも増えてきています。実店舗を持たない分、金利を低く抑えることができるというメリットがあります。

ネットと郵送で取り引きを行うので、来店不要で、全国どこからでも申し込みができます。また店舗を持っている金融機関でも、ネットですべて完結でき来店不要なおまとめローンは沢山あります。来店しなくてもいいので、店舗が開いている時間は仕事で来られない人や家事や育児、介護などで家を離れることが難しい人でもおまとめローンの申し込みができます。また金融機関によっては、おまとめローン専用の取り引きを行っているところもあります。

おまとめローンを初めて利用するための基礎知識

20150714160340おまとめローンは複数の金融機関からお金を借りている場合に返済が複雑になったり、高い利率のままの返済が続くことに対する負担を軽減するために作られた金融商品で、初めての場合には来店をして融資のための審査を受ける必要がありますが、信用が確保されている場合にはインターネット上で融資を受けることができます。

おまとめローンのメリットとしてはあらかじめ定められた金額を返済していく返済専用のローンなので途中で追加借入れすることができないので、計画的に融資額の返済が出来ることや、返済日や返済額の管理が難しくなって返済が出来ない状態を防ぐことができます。

おまとめローンを利用すると返済が月1回になり、金利が下がることで毎月の返済の負担が減るので自由に使える時間や生活費を増やすことができます。初めて利用する場合にはそれぞれの金融会社との手続きをしなければならないので、相談窓口で融資額や軽減される金額などについての説明を受ける必要がありますが、借入れの総額や実質の金利が下がることは確実なので安心して申し込むことが出来ます。

デメリットとして考えられることはゆとりをもって返済をするために月々の返済額を低くできますが、返済期間が長引いてしまうことです。

年金受給者はおまとめローンを利用できるのか

20150714160130複数の借入金がある場合、ひとつひとつの借入金に対して利息が掛かってくるため、多重債務の状態にある人にとって借入金の返済だけではなく、それに対する利息の支払いが大きくのしかかってくることになります。

多重債務の状態から抜け出すための方策としては、まず第一に複数の借入金をひとつにまとめることが理想的な手段となってきます。複数の借入金がある場合、どうしても返済日を忘れてしまい、そのことが原因となって滞納をしてしまう危険性が高くなってしまうからです。また、複数の借入金をひとつにまとめることで、それまでには個々に支払っていた利息分の負担が軽減されることになります。

複数の借入金をひとつにまとめる手段としては、おまとめローンの利用があります。おまとめローンとは複数の借入金を返済できるだけの額を新たに借り入れて、借金を一本化するためのローンです。おまとめローンで複数の借入金を返済してしまえば、あとはおまとめローンの返済だけを集中して行っていくだけでいいので返済日の管理も簡単になりますし、利息分の支払いも軽減されることになります。

しかしながら、おまとめローンはあくまでも新しく借金をするということに変わりはないため、通常のローンのように事前に審査が行われます。その際に重要視されるのが安定した収入があるという点ですが、年金受給者の場合、借入先がどのように判断するかによって審査の結果に違いが生じます。

年金受給者は年金という収入がありますが、これを安定した収入とみなすか、それとも安定した収入とはみなさないかで審査の結果に影響があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ